BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/11/10更新

ザ・アメリカの味が楽しめるバーガー!カールスジュニアを食べてみた

趣味

 
バーガーキング、ウェンディーズ、タコベル、シェイクシャック…
一度聞いたことがある人は多いと思いますが、実際に食べたことはありますか?

日本には海外からの有名ファストフード店がどんどんと進出してきており、日本にいながらも海外の味を楽しむことができるようになってきています。

今回はそんな有名ファストフード店の中でも、アメリカで人気の高い「カールスジュニア」のメニューを食べてみました!
 

カールスジュニアとは


 
1941年、メジャーリーグロサンゼルス・エンゼルスの本拠地、エンゼルススタジアムのあるアナハイムで誕生。

ホットドックカートから始まり、現在ではアメリカに2800店舗以上、世界37カ国に展開している、アメリカでも人気の高いファストフード店です。

パティは全てオーストラリア産の牛肉100%で、つなぎは使われていません。
直火で丁寧にじっくり焼いた、ジューシーさと香ばしさのあるパティが特徴で、オーダーが入ってから調理するため、出来立てを楽しむことができるお店です。

チェーン展開しているファストフード店の中では値段が少し高めですが、こだわりのパティや調理法、ハンバーガーのサイズ感など充分満足のいくラインナップだと感じます。
 

おすすめのメニュー

カールスジュニアのバーガーは、アンガス牛100%のアンガスバーガー、オージービーフ100%のクラシックバーガー、食べ応え充分のチキンや魚のバーガーの、大きく分けて3種類。

中でもカールスジュニアといえば、アンガス牛100%パティが150gも使われたアンガスバーガー。脂肪分が少なく赤身の多いアンガス牛は柔らかく、牛肉感が味わえます。

*アンガスバーガーのメニューはこちら

 

バーガーの中で特に男性に人気のあるおすすめのバーガーは、ウェスタンベーコンバーガー。
パティの他に、チーズ、カリカリベーコン、オニオンフライが入っており、とってもジャンキーですが、アメリカンな味が楽しめます。
パティはアンガス牛かオージービーフのどちらかを選ぶことができます。

刺激が欲しいチャレンジャーには、ハラペーニョにカールスジュニアオリジナルのサンタフェソースが入ったバーガーもぜひ試して欲しい一品です。

*クラシックバーガーのメニューはこちら

 

またカールスジュニアのメニューは、ハンガーガーだけでなく、ポテトやシェイクなどのサイドメニューもおすすめ。

クリスカットポテトは、カリカリでポテト自体にしっかりとした味付けがされていて、ついつい手が伸びてしまいます。

シェイクは、一杯ずつバニラアイスをブレンドして作っており、濃厚でクリーミーな味わいがおいしい。

*サイドメニューはこちら

 

日本ではあまり販売されていないハンバーガーメニューがあるので、色々と試してみるのも楽しいです。
 

実際に食べてみた

 
今回は、デリバリー注文して食べてみました。

オーダーしたのは、フェイマススターバーガーのコンボと、ウェスタンベーコンバーガーのコンボに、チキンテンダー、フレンチフライ・クリスカットポテト・オニオンリングの3種類の入ったサイドサンプラーにスペシャルソースを追加しました。
 

ハンバーガーのコンボ2つは、サイドメニューをガーデンサラダのにしてドレッシングをシーザーとサウザンドレッシングに、チキンテンダーにはサンタフェソースを選択。

まず食べてみたのはウェスタンベーコンバーガー。
 

甘めのBBQソースにパティと塩味のあるベーコンやオニオンフライ、少しクリーミーさをだしてくれるとろけたチーズがそれぞれに絡み合い、相性が抜群においしい。
食べ応えがあるので、男性に人気なのがわかります。

パティ1杯にチーズ、トマト、玉ねぎ、レタス、ピクルス、マヨネーズタイプのソースが入った、クラシックスタイルのフェイマススターバーガーは、ハンバーガーといえばこれ!という味。
 

シンプルなハンバーガーを食べたい人におすすめ。
アレンジで、サラダについてきたサウザンドレッシングをかけて食べてもおいしかったです。

次に食べたサイドサンプラーの中のフレンチフライは、細めでサクサクの塩味。
クリスカットポテトはカリカリで肉厚、シーズニングがついていてハマってしまうおいしさです。
 

クリスカットポテト
 
オニオンリングも外が歯応えのあるザクザクした食感で、濃いめの味付けが止まりません。
クリスカットとオニオンリングを食べてしまうと、フレンチフライの味が少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

そしてチキンテンダー。ささみ肉でできていますが、柔らかくてジューシーで、外はカリカリ。
 

そのままでもおいしいですが、ソースをつけて食べるのも◎。
今回オーダーしたオリジナルのサンタフェソースは、見た目がクリーミー、味はピリ辛でメキシカンを思わせるような味のソースでした。日本では味わえない、外国の味が味わえます。
 

左上:サンタフェソース 右上:スペシャルソース 左下:シーザードレッシング 右下:サウザンドレッシング
 
またスペシャルソースは、トマトベースのサラッとした感じのソースで、味はさっぱりとしていました。コテコテの味に疲れたときに良さそうだなと感じます。

全体的に濃いめの味で、アメリカのハンバーガーを食べてるなと、満足感の高いハンバーガーやポテトでした!

※ 店舗によってデリバリー専用のメニューがあり、店舗販売のメニューと内容が異なることがあるので、注意してください。
 

海外の味を楽しもう!

 
海外に行けるようにはなってきていますが、コロナ禍前のようにはまだまだ海外旅行するには難しいですよね。
少しでも海外の雰囲気を味わうのには、日本に進出しているお店を試してみると、知っている人は懐かしいと思い出したり、知らなくても現地の味を楽しむことができます。

現在カールスジュニアの店舗は関東に7店舗あるので、家の近くにあったらぜひ試してみてください!

*カールススジュニア ロケーション

 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部