BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/09/24更新

休日は笑って過ごそう!海外のおすすめコメディー映画&ドラマ5選

生活

 
予定がない休日などは、何をして過ごそう…と考えつつも、ついついだらだらと過ごしてしまうことはありませんか?
夕方になって、今日一日無駄してしまったと後悔した経験は多くあります。

そんな予定がないときは、映画やドラマをみて過ごすことで、気分転換になりますよ。
今回は、海外のコメディー映画とドラマを現在上映中のものから懐かしいものまで、ジャンル別で紹介します。

久しぶりに映画館へ出向くのも気分転換になりますよ!
 

公開中映画:フリー・ガイ


20世紀スタジオ 公式チャンネルより
 

日本では今年の8月から公開されているSF映画。

「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督に、「デッドプール」のライアン・レイノルズが主人公を演じている、アクションアドベンチャーゲームの世界を舞台にした話。
アクション、恋愛、おふざけありで、ストーリーのテンポも良く飽きません。

ゲームの中の世界の話なので、ゲーム好きはもちろん、ゲーム好きでなくても笑える要素満載で、一人で観ても、カップルで観ても楽しめます。

ゲームやマーベル作品が好きな人は特におすすめ!
上映回数が減ってきているので、急いで映画館に行って観て欲しい作品です。
 

ファンタジーコメディ:ライアーライアー

 
1997年に公開されたアメリカ映画。

コメディー映画の代名詞でもあるジム・キャリー主演で、オーバーすぎるリアクションが面白いです。
ドタバタコメディですが、脚本も良く、家族愛も描かれており、最後はほっこりするようなストーリーでもあります。

特に、深く考えず笑いたい人、童心に帰って笑いたい人などにおすすめ。

現在、アマゾンプライムで配信されています。
 

アクションコメディ:キングスマン


KADOKAWA映画チャンネルより
 
 
2014年に公開されたイギリスが舞台のスパイ映画。

アクションコメディ映画「キック・アス」を手がけたマシュー・ボーン監督の作品なだけあり、痛快で面白い本作。
グロテスクなシーンも多いですが、アクションシーンだけでなく、ファッションや小道具、ウィットに富んだ会話などがかっこよく、スカッとした気分になれます。

2017年には続編の「キングスマン:ゴールデン・サークル」が公開されており、そして「キングスマン:ファースト・エージェント」が今年12月に公開予定となっています。

キングスマン オフィシャルサイト

現在、ABEMAやdTVで配信されています。
 

ホラー系コメディ:ゾンビランド


シネマトゥデイチャンネルより
 

2009年に公開されたアメリカのゾンビ系映画。

他のゾンビ映画とは違い、ゾンビ映画や他の映画をパロディにも描いていたりとコメディ要素が多く、B級映画にも近い面白い作品。
ゾンビ世界の中で生き抜くためのルールも、ゾンビ映画でよくあるような「そうそう」と思える内容で楽しめます。

2019年に続編の「ゾンビランド:ダブルタップ」が公開され、こちらもツッコミどころ満載の笑える内容になっています。

ゾンビランド:ダブルタップ オフィシャルサイト

現在、NETFLIXやU-NEXTなどで配信されています。
 

ラブコメディ:ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則

2007年から2019年までアメリカで放送された、シーズン1から12まであるテレビドラマ。

カリフォルニア、パサディナにあるアパートでルームシェアをしている、IQが高い物理学者で、見た目も性格もちょっと他とは違うオタク男子2人を中心としたラブコメディ。

初めは観ていて、なんだこの登場人物は!と思ってしまうこともあるほどヘンでオタクな主人公の一人(シェルドン)とそれに振り回されるもう一人の主人公(レナード)。
しかし観続けているうちにだんだんとハマっていき、最後には2人を愛らしく思ってしまうほど。

コミコンの話やスターウォーズなどのSF映画、鉄道、ゲームなどオタクトーク万歳の、他のラブコメディとは一味違ったストーリーで、男性におすすめ。

現在、アマゾンプライム、NETFLIX、U-NEXT、huluなどで配信されています。
 

何もない日はコメディで気軽に楽しもう


 
アクション系、ホラー系、恋愛系など様々なジャンルにコメディ要素が入ったストーリーは、多くが気分が明るくなるような作品になっています。

予定がなくてつまらない日や、心が少し疲れているときなどは、細かいことは気にせずただ笑えるコメディー映画やドラマがおすすめ。

休日の何もない日は、コメディを観て楽しみましょう!
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部