BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2022/04/28更新

合格率90%超えの国家資格!フォークリフト資格を徹底解説

仕事

 
フォークリフトを使用する場面といえば、倉庫や工場内での仕事が多いイメージもありますが、実は建設、解体現場など活躍の場所は多岐にわたります。

建設現場でも人力で運ぶのが難しい大きなものや、重量のある材料を運ぶときに使用されています。

フォークリフト資格、通称「フォークリフト免許」の難易度はそこまで高くありませんが、取得すると現場内でできる作業も増え、給与アップも狙え、転職にも有利な、とてもコスパのいい資格です。

今回はフォークリフト資格の種類、取り方について紹介します。
 

フォークリフトとは

 
img
 
フォークリフトの主な作業は「荷物の運搬」をすることです。

荷役用のつめ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車で、重い荷物や人力で運ぶのが難しい大きな荷物を目的の場所まで移動させます。

車体の大きさや種類、アタッチメントも様々で多くの工場や倉庫、建設現場などで使われています。

フォークリフト資格の種類と取得方法

フォークリフト資格には2つの種類があります。

  • フォークリフト運転特別教育
  • フォークリフト運転技能講習

 

免許の種類によって、扱える最大積載荷重量が変わります。
 

フォークリフト運転特別教育

積載量1トン未満のフォークリフトの作業が可能です。

講習を実施している団体で講習を受けることで取得できます。

受験資格は18歳以上で、学科6時間と実技6時間の計2日間の講習を受ければ取得できます。

積載量1トン未満のフォークリフトは小回りが利くため、小さな工場や倉庫で使われることが多いです。

特別教育に必要な金額は15,000円から20,000円程度です。教習所によって金額が違うので、お近くの教習所へ確認してみてくださいね。

また、基準を満たした企業では社内で特別講習を実施できます。社内で講習が実施される場合は、積極的に参加しましょう!
 

フォークリフト運転技能講習

積載量1トン以上のフォークリフトの作業が可能な国家資格です。通称「フォークリフト免許」と呼ばれています。

各都道府県の労働局長に認定された教習所で取得します。

講習の最後には修了試験があり、合格しないと資格を取得できません。ある程度の勉強が必要ですが、合格率は90%前後と高いので、講習をしっかりと聞けば合格できるレベルです。

受験資格は18歳以上です。講習期間と費用はすでに持っている免許により異なり、講習期間は最短2日から5日、費用は20,000から50,000円程度です。

他の国家資格と比べて、金銭的、時間どちらにも負担がかかりません。

また、教習所によっては土日にも講習を受けられるので、平日仕事をしている方も通えます。

積載量1トン以上のフォークリフトは重量に制限がありません。

技能講習は特別講習に比べ期間が長く、金額も増えますが、重量に制限がないのは企業にとって魅力的なので、技能講習の受験がおすすめです。
 

フォークリフトの種類

フォークリフトにはそれぞれの場所に適した車体があります。

フォークリフト免許は積載量によって区分されているので、技能講習資格取得者はどの車体も運転できますが、運転方法が若干違うので練習が必要です。
 

カウンターバランスフォークリフト

 
img
 
カウンターバランスフォークリフトは前に2本のフォークとマストがついていて、後ろにバランスをとるための重さがついています。

パワーと安定性があり、重い荷物を運んでも転倒しにくい仕様になっています。

車体が大型なため小回りは利きにくく、狭い場所では使えません。
 

リーチフォークリフト

 
img
 
リーチフォークリフトは立ったまま作業できる、細長い形のフォークリフトです。カウンターリフトより車体が小さな作りになっていて、タイヤが90度回転するため、小回りが利きます。

乗り降りに時間がかからないのも特徴です。

荷物の微調整もしやすいので、空間を最大限に使いたい場所で使用できます。
 

サイドフォークリフト

車体の横にフォークがついています。

長さのある木材、鉄材などを運ぶ際に使います。アタッチメントとして取り付けられる車種もあります。

建設現場などではこちらを使うこともあります。
 

無資格運転の罰則

 
img
 
フォークリフトを無資格で運転した場合は、労働安全衛生法第61条に基づいた罰則が科されます。

無資格運転を行った者、管理する事業者は、「6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられます。

工場内の私有地であれば、無資格でも大丈夫と勘違いされることもありますが、当事者も事業者もどちらも違反になるので注意しましょう。

フォークリフトを運転する人は、資格取得が必須です。
 

資格取得によるメリット

実際にフォークリフト免許を取得すると、どんなメリットがあるのでしょうか。
 

業務の範囲が広くなる

資格保持者しか運転できないフォークリフト。

例えば倉庫内で、手作業の作業をしていた人がフォークリフトに乗れるようになることで、任される仕事内容が変わります。

フォークリフトに乗れる人が少ない企業であれば、社内でとても重宝されます。

さらに、フォークリフトの運転の際は周りを注意し、より効率よく作業する場面が増えます。多くの仕事ができることは本人にとっても、会社にとってもメリットです。
 

給与が上がる

会社によっては、資格取得手当制度を導入している場合があります。例えば月1,000円ほどでも、年間12,000円と考えると大きな収入になります。

難易度はそこまで高くなく、給与が上がるのは嬉しいですよね。
 

転職先の選択肢が増える

転職を考えたときにも、フォークリフト免許を持っていると選択肢が増えます。

フォークリフト所持者の求人は倉庫や工場を始め、建設現場やトラックの荷卸し、貨物ターミナル、イベント設営など多くの場面で重要視され、資格所有者向けの求人の数も多いです。

一般的に、フォークリフト資格保持者の方が給与は高い傾向にあります。

正社員として働きたい人はもちろん、24時間稼働している倉庫では夜勤の仕事がありますし、アルバイトとして働くことも出来ます。

重機の運転がメインなので、年齢を重ねても仕事ができ、その時々のライフスタイルに合わせて仕事を探すことができます。
 

フォークリフト資格を取得しよう!

 
img
 
フォークリフト資格は多くの企業から必要とされている人気の国家資格です。

数日の講習と勉強が必要ですが、1度取得すれば資格を活かす場面はたくさんあります。

今の会社でのスキルアップにも、今後転職活動をする際にも役に立ちます。

ぜひフォークリフト免許の取得を検討してみてくださいね!

 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部