BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/11/04更新

ヒゲ脱毛は効果がある?メンズヒゲ脱毛のメリット・デメリット

趣味

毎朝のヒゲ処理がめんどう、青髭や剃り残しが気になる…。
男性であれば、ほとんどの人が一度は経験のある悩みではないでしょうか?

最近若い男性を中心に、ヒゲ脱毛が人気を集めており、クリニックやエステサロンでは、男性に向けた脱毛プランも増えています。

今回は、脱毛の種類やヒゲ脱毛のメリット・デメリットを紹介します。
 

ヒゲ脱毛の種類

医療レーザー脱毛

クリニックや病院でのみ施術可能な医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射することで脱毛する方法です。
数ある脱毛方法の中でも高い効果を得られ、永久脱毛が可能なだけでなく、医師や看護師によって施術されるため安心感もあります。
 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電流が流れる針を毛穴1つ1つに差し込むことで脱毛する方法です。
メラニン色素に反応して脱毛するレーザーとは違い、色素の薄い白や金色のヒゲも脱毛することができます。
ニードル脱毛は施術直後から毛がなくなり、永久脱毛が可能ですが、他の脱毛方法に比べると値段が高く、痛みも強い方法になります。
 

フラッシュ(光)脱毛

クリニックや病院だけでなく、エステサロンでも施術可能なフラッシュ脱毛は、医療レーザー脱毛と同じメカニズムで脱毛する方法です。
しかし、医療レーザーよりレーザー出力が弱いことから、肌へのダメージや痛みが一番少なく、1回あたりの値段も安い方法になります。
1回あたりの値段は安いですが、永久脱毛ではなく、効果を感じるまでは施術回数を重ねる必要があります

 

ヒゲ脱毛のメリット

毎日のお手入れの手間が減る

ヒゲ脱毛の一番のメリットは、やはり毎日処理をする必要がないことです。

ヒゲ脱毛を考えている人の多くが、ヒゲのお手入れがめんどうに感じているのではないでしょうか。

脱毛が完了すれば、毎朝のお手入れが楽になることはもちろん、出先でヒゲが気になるということもなくなります。
 

清潔感が出る

伸びるスピードの早いヒゲは、処理をサボると不潔な印象を与えることも…。

また、ヒゲが濃い人は剃ったあとに青髭が気になることもあるでしょう。
青髭や剃り残しがなくなることで、肌が明るくなり、つるっとした清潔感のある印象になります。
 

肌への負担が減る

シェーバーや剃刀を使った処理は、毎日行うことで肌に負担がかかります。
また、誤った方法で処理をすると、肌を傷つける原因にも…。

肌にかかる負担を減らすことで、肌トラブルが減ります。
 

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲを伸ばせない

当たり前ですが、ヒゲ脱毛が完了するとヒゲは生えてこなくなります。

永久脱毛の場合、時間が経ち服装や趣味が変わったときに、ヒゲを伸ばしてデザインカットを楽しみたいと思っても、もう伸ばすことはできません。

そういった点もしっかり考えてから脱毛をするか決定しましょう。
 

痛みがある

濃くて太い男性のヒゲは、脱毛時に痛みが出やすい箇所です。

一般にゴムで弾かれたような痛みと表現されることが多いですが、それ以上に痛みを感じたという人もいれば、そこまで痛みを感じなかったという人も。

痛みがどうしても苦痛に感じる場合、医療レーザーを行っているクリニックであれば麻酔をしての施術が可能です。
 

脱毛前後のケアが必要

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、日焼けした箇所の施術ができません。そのため、日焼け止めクリームなどの紫外線対策が必要になります。

また、脱毛後は肌が敏感になったり乾燥しやすくなるため、保湿ケアもしっかり行う必要があります。
 

毎日のお手入れを楽に

ヒゲ脱毛はお金がかかったり、クリニックやサロンに通う手間があったり、少しハードルが高いように感じますが、日々のシェービングの手間を考えると、脱毛が完了したときの満足度は高いでしょう。

毎日の処理がめんどう、青髭や剃り残しが気になるという人は、ぜひ検討してみてください。
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部