BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/12/06更新

時代にあった高品質ハンバーガー!何度でも食べたいシェイクシャック

趣味

 
海外のファストフード店や、レストランなどが日本に進出してきており、海外になかなかいけなくても、現地の味を日本で楽しむことができるようになっていますね。

今回は、日本での店舗が続々と増えてきている、シェイクシャック!

前回カールスジュニアのハンバーガーを紹介しましたが、今回はシェイクシャックを紹介します。

すでに食べたことがある人も多くいると思いますが、カールスジュニアとシェイクシャックの違いや、どちらがおいしいのか食べ比べもしてみました!

▽前回の記事はこちら
ザ・アメリカの味が楽しめるバーガー!カールスジュニアを食べてみた
 

シェイクシャックとは

SHAKE SHACKのお店

 
2001年にアメリカ、ニューヨークでホットドックカートから始まったシェイクシャック。
その60年前に、アメリカロサンゼルスでホットドックカートから始まったカールスジュニアと同じ始まりです。

そこから人気を集め話題となり、瞬く間に世界展開し、世界中の人々から愛されているハンバーガー店で、アメリカには250店舗以上、日本を含む世界には97店舗ほどあります。

日本では2015年に第一号店が東京の明治神宮外苑内にオープンし、現在では東京、神奈川、京都、大阪に合計12店舗あります。

シェイクシャックオリジナルのビールやワインのお酒も提供しており、ファストフード店とレストランを合わせたようなスタイルのお店です。
 

ハンバーガーの特徴

 
シェイクシャックのハンバーガーの特徴は、ホルモン剤を使っていないアンガーズビーフ100%のパティとオリジナルバンズ。

パティはバンズからはみ出るほどの大きさで、ボリュームがあり食べ応えが十分あります。

オリジナルバンズはポテトが練り込まれており、他のハンバーガーのバンズにはない食感と味。具材との相性抜群で、パティの味を引き立ててくれます。
 

人気のバーガーやサイドメニュー

 
シェイクシャックの人気メニューはやはり、シグネチャーメニューであるシャックバーガー。
パティにトマトやレタス、チーズに加え、オリジナルソースがかかったシンプルなチーズバーガーです。

ベジタリアン用には、マッシュルームのフライが入ったシュルームバーガーがあります。
3種類のチーズがマッシュルームに包まれて揚げてあり、パティがなくてもおいしい一品。

またシャックバーガーとシュルームバーガーを合わせたシャックストックバーガーは、見た目と量のボリュームがすごいハンバーガーです。

ハンバーガーと一緒に食べたい、クリンクルカットのフライドポテトは、外がサクサク、中はホクホクとしています。特別にブレンドされたチーズのトッピングができます。(有料)

飲み物やデザートもオリジナルで作っており、中でもアイスクリームは、濃厚でクリーミーなカスタードを使用しています。
人口甘味料を使用せず作っているアイスは、シェイクやフロート、トッピングを混ぜて作るコンクリートアイスなどと充実しています。

また手作りのフレッシュなレモネードは、季節のフレーバーと選ぶことができたり、アメリカでは定番のアイスティーとレモネードを組み合わせたフィフティ/フィフティなどがあります。

*シェイクシャックのフード&ドリンク
*各店舗のメニューはこちら
 

実際に食べてみた

 
まだ食べたことのないサイドメニューをプラスして、今回もデリバリー注文をしました。
前回紹介した、カールスジュニアのメニューと比較しながら食べています。

オーダーしたのは、シャックバーガー、スモークシャック、ホットドック、クリンクルカットフライはチーズのついたチーズフライ、チキンバイツをオーダー。

チキンナゲットのようなチキンバイツは、無料でついてくるソース、バーベキュー・ハニーマスタード・チーズソースの3種類の中から、バーベキューソースを選びました。

まずは定番のシャックバーガーから食べてみました。

まず感じたのは、パティがすごくおいしい!噛めば噛むほど肉の旨味が出てきます。
カールスジュニアではパティを直火焼きをしているため、BBQで食べるような味ですが、シェイクシャックのパティは、レストランで焼かれたような味わいです。

バンズもしっとりと柔らかく、他の具材にマッチしています。

次に、チーズバーガーにアップルウッドでスモークされたベーコン、チェリーペッパー、シャックソースが入ったスモークシャック

チェリーペッパーがたっぷりと入っていて辛い!後から来る辛さではなく、口に入れてすぐに辛さがきます。その辛さがパティとあっていて、また香り高いベーコンがプラスされることで、やみつきになる味です。辛いのが好き、刺激が欲しい人におすすめです。

クリンクルカットのチーズポテトは、太めのポテトでホクホクとしており、じゃがいも本来の味が感じられます。細めでカリカリっとした、しっかり味のついたフライドポテトが好きな人は、カールスジュニアの方が好まれると思います。

トッピングのチーズも濃すぎず、たっぷりつけて食べたくなってしまうおいしさです。

次に鶏胸肉を使ったチキンバイツは、ザクザクとした食感がおいしい!胸肉ですが、パサパサした感じもなく柔らかい、またバーベキューソースがチキンにとてもあっています。

バーベキューソースは、アメリカで食べるバーベキューソースそのもので、少し甘めの日本のタレにはない、なんとも言えないおいしさと、懐かしさを感じました。

カールスジュニアのチキンテンダーと比べると、味付けはやはり薄めに感じますが、ソースと一緒に楽しめます。

そして最後にホットドック

パンにソーセージが挟まっているだけの、とってもシンプルなホットドックです。
牛肉が使われたソーセージはは、しっかりとした味付けがされています。また、周りがカリカリとしており、歯応えがありました。

ケチャップがなくてもおいしく食べられますが、チキンバイツについてきたバーベキューソースやフライにつけるチーズをたっぷり付けて食べてもおいしかったです。
プラス100円でチーズソースを追加できるので、おすすめ。

そして今回オーダーし忘れてしまいましたが、ドリンクメニューのアイスティーとレモネードが入ったフィフティ/フィフティもぜひ試して欲しいドリンクです。

アメリカでは、スターバックスやレストランなどでもよく見かける飲み物で、フィフティフィフティまたは、アイスティーレモネードなどと呼ばれています。
レモンティーとはまた違う味で、レモネードが紅茶とすごくマッチしていておいしい。
日本ではなかなか飲めない、アメリカの味のドリンクメニューです。
 

時代にあったハンバーガー 


 
シェイクシャックのメニューは、高品質で安心・安全な食材を使用しており、素材一つ一つ本来の味が生かされていておいしい。

全体的な味は、カールスジュニアと比べて薄めで、日本人の舌にあった味付けだなと感じます。

ファストフードという、健康にあまり良くないイメージのあるハンバーガーやフライドポテトですが、シェイクシャックは健康にも気を使った、レストランメニューの一つと言えます。

カールスジュニアが昔ながらのザ・アメリカの味で、シェイクシャックは時代にあった現代のハンバーガーの味という感じでした。

シェイクシャックもカールスジュニアも、それぞれの特徴があってどちらもおいしい、ハンバーガーショップです。
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部