BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2020/11/16更新

実はコスパ悪いかも!?暖房器具の電気代とかしこい使い方とは

生活

11月も後半に差し掛かり、朝夕の冷え込みも厳しくなってきました。

そろそろ暖房をつけようかと考える人もいるかと思いますが、冬の電気代は夏場以上に高くつくことも…
各暖房器具の特徴や、電気代を押さえて、コスパよく部屋を暖めましょう!

 

暖房器具の電気代

契約している電力会社や暖房器具の種類によって、電気代は変わりますが、ここでは1kWhあたり27円と仮定した場合の電気代を紹介します。

これは、全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている目安となります。
 

エアコン

エアコンは温風を出し、空気を循環させ空間を暖めます。
部屋全体を長時間暖かくキープすることが得意ですが、暖めるまでに時間がかかるという特徴があります。

電気代…12.7円 / 時
※6畳の場合

 

電気ストーブ

電気ストーブは、電源をつけてから温まるまでのスピードが早く、前面のものをピンポイントで暖めることが得意な暖房器具です。

部屋全体を暖めるのには不向きですが、手足を素早く温めたいときなどに便利です。

電気代
400Wの場合…10.8円 / 時
800Wの場合…21.6円 / 時

 

こたつ

こたつは電気ストーブ同様、手足などをピンポイントで温めるのが得意な暖房器具です。
こたつ布団で覆われた内側のみを暖めるため、部屋を暖めることはできません。

電気代…16.2円 / 時

 

オイルヒーター

オイルヒーターは、エアコン同様部屋全体を暖めるのに特化した暖房器具ですが、温風を出さないため、乾燥や音が気にならないというメリットがあります。

部屋をすぐに暖めたいときや、体をピンポイントで温めたいときには向いていません。

電気代…12円 / 時

 

電気カーペット

電気カーペットは、カーペット型の床に敷くタイプの暖房器具です。カーペットの表面が全体的に素早く暖まるため、足元から体を温めます。

電気代
中…6.2円 / 時
強…8.9円 / 時
※2畳用の場合

 

電気代を安く抑えるには?

電気代を安く抑えるには、各暖房器具の電気代を知るだけでなく、暖房器具の特徴を理解して使用することが大切です。

例えば、電気ストーブを使って部屋全体を暖めようとするとコスパが悪くなりますが、短時間で足を温めたいときや、エアコンで部屋全体を暖めるまでの間に使うような使い方はOK!

こたつや電気カーペットを使用しているときは、部屋全体を暖める暖房器具はセーブするなど工夫して使いましょう。

また、古い電化製品は電気代も高くなることが多くあります。
新しい暖房器具の方が効率的に暖めることができたり、エコモードなども搭載されていたりするので、使用している製品を見直してみるのもいいかもしれません。

ポイント

  • 暖房器具の特徴を生かした使い方をする
  • メインで使う暖房器具を決める(そのほかはセーブする)
  • 古い暖房器具を買い換える
  • エコモードを活用する

 

上手に使ってお得に暖まろう

部屋が冷えていると、とにかく早く暖めようと、こたつにストーブに…とつけてしまいますが、暖房器具の特徴を理解して、無駄な電気を使わないよう意識しましょう。

また、一度自宅の暖房器具の電気代を調べてみるのもおすすめです!

電気料金計算

毎日使うものだからこそ、少しの見直しで節約することができますよ。
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部