BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/04/14更新

【メンズ美容】アラフォーで悩む人続出!男性も肌ケアが必須なワケ

生活

 
ふと鏡をみたときに「シワが増えた」「シミができてる」など、気になったことありませんか?

30代から40代にかけて、顔が老けたと感じたり、顔がよくテカる、シミが気になるなどの肌トラブルに悩む人が多くなると言われています。

男性は女性と比べ普段から肌の手入れをする人が少なく、長年スキンケアをせずにいることから、ふとした瞬間に自分の老け顔に気がつくのではないでしょうか。

男性もスキンケアは必須!
面倒だからとスキンケアをせずに放置しておくと、どんどんと老け顔になっていってしまいます。

今回は男性もスキンケアが必要な理由と、基本的なスキンケア方法について紹介します。
 

スキンケアが必要なワケ


 
化粧品やスキンケア用品などで有名な株式会社資生堂(以下、資生堂)によると、男性は女性よりも肌トラブルを引き起こしやすい傾向にあると示唆。

スキンケア意識が低いことや、生活習慣の違いなどもありますが、多くの男性にみられる皮膚の特徴があることが明らかにされています。
 

皮脂量が多い

 
皮脂とは、紫外線や乾燥などさまざまな刺激から皮膚を守るためのもの。
しかし過剰に分泌されると、顔のテカリやニキビなどの原因になってしまいます。

男性は女性に比べて毛穴の数が多く、また男性ホルモンは皮脂分泌を活発にさせる働きがあり、女性の約2倍もの皮脂量が分泌されています。

20代から皮脂分泌量のピークを迎え、皮脂量の分泌が加齢によって減少する女性と比べ、男性は年齢による差はあまりないため、アラフォーでも顔のテカリが目立ってしまうのです。
 

肌のバリア機能が低い

 
肌のバリア機能とは、皮膚表面にある角質層が肌の水分を保ち、外部刺激から肌を守る機能のこと。

資生堂が公開している20〜30代の男女を対象に行った肌の調査では、男性は女性に比べて肌のバリア機能が弱い特徴があるという結果が出ています。

また男性の肌は紫外線からのダメージも受けやすく、それに加え毎日のシェービングや日焼けなどによって、さらにバリア機能が低下しやすくなっていると言えるのです。
 

肌の抗酸化力が低い

 
肌の抗酸化力とは、活性酸素が過剰に生成されるのを抑制したり、受けたダメージの修復・再生を促す働きのこと。

活性酸素は、体内の免疫機能や感染防御などの重要な役割がありますが、過剰に生成されることで、シミやシワ、がんや生活習慣病などさまざまな病気の原因とも言われています。

抗酸化力が低いということは、肌トラブルや老化が起きやすい状態であるということになります。
 

皮膚免疫の低下

 
皮膚免疫とは、外部から侵入してきた雑菌やウイルス、紫外線や乾燥などからの刺激から肌を守り、健康な皮膚を保とうとする機能のこと。

皮膚を正常な状態に戻そうとする働きを維持することは、健康で若々しい肌を保つと考えられています。
この皮膚免疫の働きで重要な役割を担っているのがランゲルハンス細胞(LC細胞)。

資生堂の研究では、男性ホルモンや加齢が皮膚を維持するためのLC細胞の免疫機能を低下させたり、LC細胞の成長の妨げることを解明しています。
 

つまり、男性は紫外線・乾燥などの刺激から肌を守り、健康な状態に保つケアが必要ということになってきます。
 

基本的なスキンケア


 
肌を少しでも健康な状態に保つための、基本的なスキンケア方法です。
 

洗顔

 
洗顔は肌を清潔に保ちます。朝・夜の2回、洗顔するようにしましょう。
また毎日のシェービングも、老け顔にさせてしまう原因と言われています。

毎日行うことだからこそ、正しい洗顔、シェービングが大切。
きれいな肌を保ち、肌トラブルを防ぐことにつながります。
 
▽正しい洗顔、シェービング方法についてはこちらで紹介しています。


 

保湿

 
洗顔の後は肌が乾燥しやすい状態で、顔のテカリの原因にも。
洗顔だけで終わらせず、必ず保湿をするようにしましょう。

洗顔後の保湿には「化粧水」「乳液」「クリーム」などの基礎化粧品があり、それぞれの役割があります。

化粧水 :肌に水分を与えて皮脂分泌などを整える
乳液  :水分の蒸発を防ぎ、適度な油分を与えることで肌の水分量を保つ
クリーム:乳液と同じような役割ですが、乳液よりも油分が多く、長時間保湿してくれる

 
化粧品によって多少異なりますが、基本的に化粧水は水のような感じでさらさらとしており、乳液は水とクリームの間のようなテクスチャーです。

化粧水→乳液→クリームの順でつけていきますが、乳液とクリームは、肌の状態で使い分けたり、夏と冬で使い分けるなど、どちらか1つでもOK。

手間がかかって面倒だったり、費用もかかってしまうので、オールインワンジェルといって、化粧水、乳液、クリームなどが一つになったものを使用するのもおすすめです。
 

日焼け止め

 
紫外線は皮膚トラブルの主な原因とされており、面倒でも毎日の日焼け対策は重要。

紫外線を防ぐことで、肌の乾燥を防いだり、皮脂の過剰分泌、シミ、シワなどの老化予防にもつながります。

いちいち塗るのが面倒という人は、スプレータイプや飲むタイプを選ぶのがおすすめです。
 

男でもスキンケアは必須!

 
ついつい面倒だからとスキンケアをせずにいると、顔のテカリや肌トラブルがひどくなってしまうだけでなく、シミやシワなどの原因にもなってしまいます。

なるべく早いうちから、毎日のケアが重要!

女性よりも刺激からのダメージを受けやすい男性肌は、基本的なスキンケアから始めましょう。
 
参考
*株式会社資生堂
資生堂、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことを発見
資生堂、男性ホルモンにより皮膚免疫が低下するメカニズムを解明

*花王株式会社 男の肌・ニオイ研究所 
女性に比べて皮脂量、約2倍!男の顔は、やっぱりアブラっぽい

*厚生労働省 e-ヘルスネット 
活性酸素と酸化ストレス

 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部