BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2020/07/01更新

インスタントコーヒーって何?おいしい淹れ方と保存方法

生活

インスタントコーヒーは、お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーを作ることができます。
忙しい朝に重宝している人もいるのではないでしょうか?

便利なインスタントコーヒーですが、ちょっとした工夫でよりおいしく淹れることができたり、おいしさを保ったまま保存することができます。

今回はインスタントコーヒーの基本を紹介します。
 

インスタントコーヒーとは

手軽でおいしいインスタントコーヒー

インスタントコーヒーとは、コーヒー抽出液を乾燥させたものです。そのため、お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーを作ることができます。

コーヒー豆・粉に比べて保存もしやすく、賞味期限も未開封で3年ほどと長いので、毎日手軽にコーヒーを飲みたいという場合に便利です。
 

レギュラーコーヒーとは違うので注意!

よくインスタントコーヒーと混同してしまうこともあるのがレギュラーコーヒーです。

レギュラーコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して挽いた状態のコーヒーのことです。
コーヒー豆の抽出液を乾燥させたインスタントコーヒーとは違い、レギュラーコーヒーは豆の状態なので、お湯に溶かして飲むことはできません。

フィルターで漉して飲むのが一般的です。

 

インスタントコーヒーのおいしい淹れ方

誰でも手軽に作れるインスタントコーヒーですが、ちょっとしたポイントに気をつけると、よりコーヒーの香りや味わいを楽しむことができます。
 

ホットコーヒー

レギュラーコーヒーは抽出するのに時間がかかるため、飲み頃の温度より熱いお湯を使いますが、すぐに飲めるインスタントコーヒーは飲み頃の温度のお湯を使って溶かしましょう。

  1. カップに小さじ1杯(約2g)のインスタントコーヒーを入れます。
  2.  

  3. カップにスプーン一杯の水を入れて、インスタントコーヒーをよく溶かします。
  4.  

  5. インスタントコーヒーが全て溶けたら、80~90℃のお湯140mlを入れ、よくかき混ぜたら完成です。

先に水でインスタントコーヒーを溶かしておくことで、ダマになるのを防ぎます。
 

アイスコーヒー

アイスコーヒーは、氷が溶けて薄くなるのを防ぐため、あらかじめ濃く作っておきましょう。

  1. カップに小さじ1杯のインスタントコーヒーを入れます。
  2.  

  3. カップにスプーン一杯の水を入れて、インスタントコーヒーをよく溶かします。
  4.  

  5. インスタントコーヒーが全て溶けたら、80~90℃のお湯90mlを入れ、よくかき混ぜます。
  6.  

  7. 氷を入れたグラスに注いで完成です。

 

カフェオレ

  1. カップに小さじ1杯のインスタントコーヒーを入れます。
  2.  

  3. カップにスプーン一杯の水を入れて、インスタントコーヒーをよく溶かします。
  4.  

  5. インスタントコーヒーが全て溶けたら、70℃に温めたミルク70mlを注いで完成です。

お好みでミルクの分量を調節してもOKです。

 

インスタントコーヒーの保存方法

インスタントコーヒーは、直射日光や高温多湿を避け、常温で保存します。
湿気を吸うと粉が固まってしまうので、キャップをしっかりしめて保存しましょう。

また、冷蔵庫でも保存することはできますが、出し入れする間に温度差で瓶内に水滴が発生してしまうので、おすすめできません。

開封後は1ヶ月を目安に飲み切ります。
飲む頻度が少ない場合は、一杯分が個別包装された商品もあるので、そちらを使ってみるのもおすすめです。

 

簡単においしいコーヒーを楽しもう

手軽においしいコーヒーが作れるインスタントコーヒー。
ちょっとした工夫でよりおいしいコーヒーを楽しみましょう!
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部