BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2019/12/17更新

配管工のキャリアアップに!「管工事施工管理技士」のイロハ

仕事

日々こなしていく仕事、せっかくなら仕事の幅を広げていきたい、挑戦できるようにしたいと思うことはありませんか?

そんなキャリアアップを考え始めた時にやっておきたいのが、国家資格でもある「施工管理技士」になること。
施工管理技士になることで、現場の主任技術者や営業所の専任技術者へとステップアップの道が切り開けます。

今回は配管工において、現場の施工管理をおこなう技術者である「管工事施工管理技士」についてまとめてみました。

 

管工事施工管理技士とは

管工事全般のスペシャリスト

「施工管理技士」とは、建設業法で定められた国家試験である「施工管理技術検定」の1級または2級合格者を指します。
この施工管理技士検定は6種類あり、建設機械、土木、建築、電気通信工事、管工事、造園があります。

今回取り上げた「管工事施工管理技士」は管工事に特化し、ダクトや上下水道配管、冷暖房設備、浄化槽設備などの管工事に関する仕事を受け持つことができる資格になります。

また管工事施工管理技士であることで、現場に設置が求められる主任技術者や、建設業許可に必要な各営業所に配置する専任技術者として認められます。
1級保有者であれば監理技術者にになることも可能です。

工事の規模も、2級保有者は主任技術者になれるものは限られますが、1級となると大きなオフィスビルや高層マンション、複合商業施設などといった大規模な配管工事の責任者にもなれるため、仕事の幅はかなり広がります。

 

受験資格・試験内容

1級管工事施工管理技士

①~⑤のうち、いずれかに該当すること。

① 学歴と実務経験年数
【4年制大学・専門学校「高度専門士」】
  指定学科卒業後:3年以上
  それ以外学科卒業後:4年6ヶ月
【短大・高専・専門学校「専門士」】
  指定学科卒業後:5年以上
  それ以外学科卒業後:7年以上
【高校・中高一貫校・専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)】
  指定学科卒業後:10年以上
  それ以外学科卒業後:11年6ヶ月
【その他】
  15年以上

② 2級管工事施工管理技術検定合格者
【2級合格後の実務経験】
  学歴問わず、5年以上
【合格後5年未満の者】
●高校・中高一貫校・専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)
  指定学科卒業後:9年以上
  それ以外学科卒業後:10年6ヶ月以上
●その他
  14年以上

③ 職業能力開発促進法第44条による技能検定合格者

④ 専任の主任技術者の経験が1年(365日)以上ある者

⑤ 指導監督的実務経験年数が1年以上、及び主任技術者の資格要件成立後専任の監理技術者の設置が必要な工事において当該監理技術者による指導を受けた実務経験年数が2年以上ある者

 

2級管工事施工管理技士

①~②のうち、いずれかに該当すること。

① 学歴と実務経験年数
【4年制大学・専門学校「高度専門士」】
  指定学科卒業後:1年以上
  それ以外学科卒業後:1年6ヶ月
【短大・高専・専門学校「専門士」】
  指定学科卒業後:2年以上
  それ以外学科卒業後:3年以上
【高校・中高一貫校・専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)】
  指定学科卒業後:3年以上
  それ以外学科卒業後:4年6ヶ月
【その他】
  8年以上

② 職業能力開発促進法第44条による技能検定合格者

 

試験分野

管工事施工管理技術検定試験では、学科試験と実地試験の2つを受けることになります。

学科試験は四肢択一のマークシート方式で、一方の実地試験は、実技ではなく記述式の筆記試験となります。

2級は学科・実地を同日に受けることも可能ですが、1級では学科試験の約3か月後に実地試験が行われます。

尚1級2級共に、学科試験が合格しないと実地試験は受けられません。
もし学科試験が合格して実地試験が落ちてしまっても、次年度の学科試験を免除して受験することができます。

また1級の受験資格があれば、2級を飛ばして1級のみを受験したり、1年のうちに1級と2級両方を受験したりする人もいるそうですよ。
自分のスケジュールと実力に合わせてチャレンジしてみましょう。

 

実地試験は落としてもリベンジ可能!

もし前年度学科試験は合格し、実地試験で落ちた・欠席した場合は、実地試験のみを受験することが可能です。

主に後期試験の時期に実地試験のみの枠が設けられているため、諦めずチャレンジしていきましょう!

 

資格を取得してキャリアアップしよう

国家資格である施工管理技士になることで、周囲の信頼を得られたり、仕事の幅が広げられたりするだけでなく、資格手当などで給与面でもプラスになりやすいです。

管工事に携わる方なら、キャリアアップとして管工事施工管理技士を目指してみましょう!

【参考サイト】
施工管理技士とは?1級と2級はどう違う?取得メリットは? | 施工管理技士の資格取得情報サイト「セコカンマガジン」
【施工管理技士の資格マスターになろう!⑤】管工事施工管理技士について | 俺の夢forMAGAZINE
管工事施工管理技士 1級・2級 資格試験ガイド|CIC日本建設情報センター

1級管工事施工管理技術検定試験 | 一般財団法人全国建設研修センター
2級管工事施工管理技術検定試験 | 一般財団法人全国建設研修センター
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部