BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2020/08/12更新

足場工事とは?足場の種類と足場工事に必要な資格

仕事

足場は人の手の届かない場所の作業をするために、パイプや板などを使って組み立てられます。

必然的に高所での作業となり、怪我や事故が発生する場所にもなりやすい足場工事。
今回は、足場の種類や足場の組み立てに必要な資格を紹介します。
 

足場工事とは

足場工事は、手が届かない場所での作業用に、パイプや板を組み立てる作業のことを言います。
作業時に物が外に飛び出すことがないよう、足場の設置後には、メッシュシートで覆われます。

高所でも作業員が安全に作業をするための工事ですが、周囲の建物や人などを傷つけない意味でも重要な工事です。
 

足場の種類

足場工事には様々な種類があり、呼び方も異なります。今回は主な種類3つを紹介します。
 

くさび緊結式足場

くさび緊結式足場は、緊結部を持つ鋼管を支柱とし、手すりなどをくさびで支柱に緊結するタイプの足場です。
主に中低層建築工事に使用されています。

組み立てがハンマー1本でできることや、ネジを必要としないため固定し忘れなどをなくし、素早く安全に組み立てられるというメリットがあります。
 

枠組足場

枠組足場は、鋼管を門型に溶接された建枠にジャッキベース・筋交・鋼製布板などの部材を組み合わせ、積み上げて構成されます。

くさび緊結式足場と比べ、資材の強度が高く、より高層建築工事に使用されることが多いタイプです。
 

単管足場

単管足場は、単管と呼ばれる鉄パイプと、周辺部材を組み合わせて作る足場です。
鉄パイプはクランプと呼ばれる金具をかみ合わせ、ボルトを締めて固定します。
小規模な工事現場などで使用されることの多いタイプです。

他と比べて強度が弱いため、大規模な工事現場や高層建築工事には不向きですが、ホームセンターなどでも販売され、個人でも扱うことができます。

 

足場工事に必要な資格

とび技能士

とび技能士は、国からとび職人として認められたことを証明する国家資格です。
1~3級までの等級があり、試験は学科試験と技能試験があります。

受験資格は

  • 3級:不問
  • 2級:実務経験2年以上、または3級合格者
    ※学歴により実務経験が不要になる
  • 1級:7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
    ※学歴により必要な実務経験年数が異なる

となっています。
 

足場の組立て等作業主任者

足場の組み立て等作業主任者は、高さが5メートル以上の足場を組む場合に必要になる資格です。
安全衛生管理体制に関する法令で、足場の組み立て、解体作業を行う場合に必要な資格となります。

受験資格は

  • 足場の組立て、解体又は変更に関する作業に3年以上従事した経験を有する者
  • 大学、高等専門学校又は高等学校において土木、建築又は造船に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上足場の組立て、解体又は変更に関する作業に従事した経験を有する者

となっています。

 

足場を事故現場にしないために

まだまだ高所での怪我や事故は多いですが、そんな場所での作業を安心、安全に行うための足場工事です。

正しい知識と漏れのない確認で、高所でも安全に作業ができるように心がけましょう。

 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部