BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/10/12更新

乾燥が気になる現場で今から始める喉ケア習慣

健康

肌寒い日が増えてきました。
季節の変わり目、乾燥で喉の痛みやイガイガが気になる季節です。
それに加えて現場では、砂や埃が舞って、口の中が乾燥したり、喉を痛めやすい環境。

放っておくと喉風邪になってしまうことも…

今から始める喉の痛み・イガイガの予防方法と、喉をケアするおすすめ食品を紹介します。
 

喉の痛み・イガイガの予防方法

こまめなうがい

こまめなうがいや水分補給で、喉を洗浄し、潤しましょう。
うがいには埃やウイルスを洗い流し、粘液の分泌や血行を盛んにする効果があります。

喉をケアするときには、上を向いて喉の奥を洗い流す様にガラガラうがいをしましょう。

菌・ウイルスは工事現場にも潜んでいる!正しい手洗いうがいで対策を

喉の保湿

就寝時にはマスクをつけたり、首を暖かくして、乾燥や冷えを防ぎましょう。
外出時もマスクが必須の今、寝るときにも不織布マスクをつけると肌荒れや息苦しさを感じることも。

ガーゼマスクなど保湿効果が高く、柔らかい素材のものを選ぶといいでしょう。
 

刺激物を避ける

アルコールや熱いもの、辛いものは喉の粘膜を乾燥させたり、傷つけることがあります。
喉の調子が悪いときには、控えるようにしましょう。

 

喉をケアするおすすめ食べ物・飲み物

のど飴

喉ケアの基本であるのど飴。
場所や時間を問わず手軽に食べやすいので常備しておき、乾燥が気になるときに舐めましょう。
のど飴を舐めることで唾液が分泌され、喉の乾燥を防ぎます。
 

はちみつ

はちみつには殺菌効果があり、昔から薬の代わりに咳止めとして使われてきました。
のど飴などにもはちみつを含むものが多く販売されていますね。
スプーン1杯舐めたり、お湯やお茶に溶かして摂取しましょう。
 

ネギと生姜のスープ

ネギには抗菌効果や喉の炎症を防ぐ効果が期待でき、生姜は殺菌効果と体を温める効果があります。
ネギと生姜をたっぷり入れたスープで、体を温め、喉風邪を予防しましょう。
 

ゼリー・アイス

喉が炎症を起こして痛みがあるときは、ゼリーやアイスクリームなどを食べて喉を冷やすのも効果的です。
とはいえ、体が冷えてしまうのはよくないので、体調と相談して食べましょう。

 

早めのケアで喉を守ろう

喉の痛み・イガイガは日頃のケアが大切です。冷えや乾燥に注意して、ひどくなる前に予防しましょう。

また、ドラックストアでも喉ケアグッズが多く販売されています。自宅でのケアと合わせて活用してください。
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部