BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2022/01/26更新

キャンプを快適に楽しむためのマナーについておさらいしておこう

趣味

 
キャンプブームの流れに乗って、キャンプを始められた方やこれからキャンプに行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

自然に囲まれた中でゆったりと過ごす時間は、普段の生活では味わえない贅沢ですよね。

しかし、そんなキャンプを快適に楽しむために、最低限守らなければならないマナーが存在します。

マナーを守らないキャンパーがいると互いに不愉快ですし、キャンプ場を使い続けていくことが難しくなることもあるので注意しましょう。

そこで今回は、キャンプ場で守るべきマナーについて解説します。
 

キャンプ場ではマナーを守ってお互い快適に過ごそう


 
キャンプ場は自然の中とはいえ他の利用者もいるため、身勝手に振る舞ってはいけません。

互いに快適に過ごせるような配慮が欠かせませんし、キャンプ場自体を綺麗に利用するためのルールも守る必要があるでしょう。

アウトドアの能力だけでなく、キャンプ場を快適に利用するためのマナーも意識しながら、模範的なキャンパーを目指してください。
 

キャンプを快適に楽しむためのマナー


 
では、キャンプ場で守るべきマナーについて具体的な内容を解説していきます。

主なマナーとしては以下の5つです。

  1. 利用者同士で挨拶をする
  2. 大声で騒いで周囲に迷惑をかけない
  3. 共用部分は綺麗に使用する
  4. ゴミは持ち帰るor指定の方法で処理する
  5. ルールを守って焚き火をする

 
初心者の方は特に、最低限のルールとマナーに気をつけてキャンプを楽しむようにしましょう。
 

① 利用者同士で挨拶をする

 
普段の生活でもそうですが、アウトドアを楽しむ上で「挨拶」は欠かせないものです。

キャンプ場では隣り合ったテントサイトを利用するケースもあるので、軽くでもいいので挨拶を交わすことで、互いに気持ちよく利用することができるでしょう。

軽い一言だけでも全然違いますし、何かトラブルが起きた際でも気軽に声をかけやすくなります。
 

② 大声で騒いで周囲に迷惑をかけない

 
周囲の迷惑になるような大声で騒いでしまうと、気持ちよくキャンプ場を利用することができなくなります。

特に、夜間などお酒が入って騒がしくなる時間帯は注意が必要です。

時間帯によっては既にテントで寝ているキャンパーもいますし、静かな時間を過ごしたい人にとっては非常に迷惑となります。

お酒を飲んだり、焚き火を囲んで楽しんだりすること自体は否定しませんが、他の利用者との距離感を考慮して行うようにしましょう。

「大音量で音楽をかける」「大きな声でドンちゃん騒ぎをする」といったことは控えるようにしてください。
 

③ 共用部分は綺麗に使用する

 
キャンプ場には炊事場やトイレ、シャワー室といった他の利用者と共同で使う場所が用意されています。

こういった共用部分は綺麗に使うようにしてください。

例えば、炊事場で料理をした際に、後片付けをせず生ゴミなどが散乱していると、次に使う方の迷惑になってしまいますよね。

「来たときよりも綺麗にして帰る」という言葉もあるように、シェアする部分は特に気を遣って利用するようにしましょう。
 

④ ゴミは持ち帰る or 指定の方法で処理する

 
キャンプで出たゴミは、持ち帰って処分するのが基本です。

キャンプ場によっては、指定のゴミ捨て場や有料のゴミ袋などでゴミを処分することもできますが、それでもルールを守らなければなりません。

マナーの悪い人の中には、ゴミを周囲に放置したり、焚き火と一緒に燃やそうとしたりする人もいるようです。

ゴミが残っているようだとキャンプ場の運営が困難になってしまうので、ゴミの管理や処理方法のルールを確認しておくようにしましょう。
 

⑤ ルールを守って焚き火をする

 
キャンプの醍醐味はやはり「焚き火」ですが、火を扱うので十分な注意と自然への配慮が必要です。

さらにキャンプ場によって焚き火のルールが異なるので、事前に確認しなければなりません。

主なチェックポイントとしては以下の通りです。

  • 直火OK or 直火禁止か
  • 直火禁止の場合、地面の保護は十分か(焚き火シートや灰受け)
  • 薪の現地調達は許可されているか
  • 焚き火が終わった後は確実に消火を行う
  • 焚き火後の炭の処理はどこで行うのか

 
「焚き火=薪を燃やすだけ」と考えていると、マナー違反になる可能性が高いので注意しましょう。
 

行く前にキャンプ場のルールを確認しておこう


 
今回紹介したキャンプ場でのマナーは、ごく一般的な内容で、細かいルールについてはキャンプ場によって異なります。

  • 時間帯による利用方法のルール(夜◯時以降の宴会は控えるなど)
  • 共用部分の利用方法
  • ゴミの処理方法
  • 焚き火のルール

 
など、キャンプ場を利用する前にルールや注意事項を必ず確認・把握して、みんなで守るように心がけましょう。

一つ一つのルールやマナーを守らない利用者が増えてしまうと、キャンプ場の運営が難しくなり、その場所でのキャンプができなくなることもあります。

初心者の方で不明な点がある場合には、管理人やスタッフの方などに聞いて、思わぬマナー違反を防ぐようにしてください。

ルールを守って、お互いに気持ちよくキャンプを楽しみたいですね!
 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部