BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2022/07/05更新

いい仕事は安全靴から!おすすめや正しい選び方のポイント

生活

 
足が人間を支えているように、正しい安全靴選びは仕事を支えてくれます。

安全靴は、作業現場で長時間履くもの。
安全かつ快適に仕事ができるよう、作業に適した靴を選ぶ必要があります。

作業環境に合っていない安全靴は、ときに危険と隣り合わせになってしまうこともあるのです。
では、どんな点を重視したらよいのでしょうか?

今回は、安全靴の選び方のポイントやおすすめ商品をご紹介します。
 

安全靴とは?

安全靴とは、厳しいJIS規格をクリアした靴のことであり、高い安全性を持っているため、危険な現場でも安心して着用できます。

一方、保護靴(プロテクティブスニーカー)は、JSAA規格をクリアしており、軽量やデザイン性に優れています。
JSAA規格はJIS規格ほど厳しくなく、主に軽作業の現場で着用されています。

現場によっては、規格を指定されることもあるので、その違いを知っておくことも重要です。
安全靴の規格や性能については、以下の記事をご参考にしてください。

これだけは知っておきたい!安全靴の規格についての基礎知識
 

安全靴の種類

安全靴にはたくさんの種類があり、職種や作業によっても選び方が変わってきます。

大まかな種類と特徴をご説明します。
 

形状

 
短靴(スニーカー)タイプは、くるぶしまでのいちばんオーソドックスな安全靴です。
着脱も簡単で動きやすいですが、特殊な作業には安全面の不安も出てくるため、一般作業向きと言えます。

中編上げ(ハイカット)タイプは、短靴より長く、くるぶしを覆う程度の長さの安全靴です。
水や泥、砂塵など異物が入らないよう保護してくれます。
溶接作業では火花から足を守れるため、履いている人も多いです。

長編上げ(ブーツ)タイプは、スネやくるぶしと広い範囲にわたり保護してくれる安全靴です。
ズボンの裾を安全靴に入れるので、引っ掛かったり挟んだりという危険も少なくなります。
高所作業、解体作業、土木作業や林業などで主に着用されています。

半長靴タイプは、長編上げタイプと似ていますが、靴紐やマジックテープがないゴム長靴のような安全靴です。
長靴のように履けるので着脱の多い作業に向いていますが、フィット感に欠けるので注意が必要です。
 

履き口

靴紐タイプは、微調節ができるのでフィット感が高くなりやすいという特徴があります。
おしゃれな安全靴もたくさん発売されているので、ちょっとした普段使いもできます。

マジックテープタイプは、着脱のしやすさが魅力です。
靴紐が解けたり絡まったりすることもないので、足元が危険な作業環境の方におすすめです。
 

機能

気温が高い場所では、通気性のいいメッシュ素材の安全靴がおすすめです。
熱が逃げやすくなり、蒸れや不快な臭いを最小限まで防ぐことができます。また、濡れても乾きやすいというメリットもあります。

防水機能つきの安全靴は、雨天時の作業や水を使う現場に適しています。
完全に防水したい場合は、短靴よりも長編上靴がおすすめです。
素材では特に、合皮が水に強いと言われています。

そのほかの機能として、電気を使う作業では、静電気帯電防止機能の安全靴なら感電・火傷を防いでくれます。
石油を扱う現場では、石油と靴のゴムの相性がよくないので劣化が早いですが、耐油機能や耐滑機能つきの安全靴であれば長持ちし、作業もしやすくなります。
 

タイプ別・人気の安全靴おすすめ

様々なデザインや機能を備えた安全靴。

タイプ別に、人気の安全靴をご紹介します。

短靴タイプ

【アシックス ウィンジョブCP209 Boa 作業用靴(1271A029)】

人気のアシックスのプロテクティブスニーカーです。
ダイヤルでフィット感を調節できるボアシステムで、着脱も簡単です。
衝撃に強く、アシックスオリジナルの衝撃吸収材が足の負担を少なくしてくれます。

アッパー:合成繊維製
ソール :グリップ性に優れたゴム底
質 量 :約430g (26.5cm)
カラー :全5色(ファントム×シルバー、ホワイト×ピーコート、クラシックレッド×ホワイト、シートロック×ホワイト、アシックスブルー×ホワイト)
規 格 :JSAA規格A種
サイト :ウィンジョブ® CP209 BOA® RR

 

【シモン 8818N 安全靴】

2層底でクッション性が高く、滑りにくい、静電気帯電防止機能つきの安全靴です。
マジックテープなので、軍手や手袋をしていても履けます。
サイズ展開も22.0cm~と豊富なので、足の小さな女性にもおすすめです。

アッパー:人工皮革
ソール :滑りにくくてクッション性のある発泡ポリウレタン2層底
質 量 :810g (26.0cm/両足)
カラー :全2色(紺、白)
規 格 :JIS規格
サイト :8818N紺静電靴8818N白静電靴

 

中編上げタイプ

【シモン SL22 安全靴】

高級牛革を使用しているため熱に強く、シンプルで飽きの来ないデザインの安全靴です。
樹脂先芯ですが強度は鋼製先芯と同等なので、つま先が冷えにくいのも魅力です。
日本人に合った足型につくられており履き心地も快適で、内装材には抗菌・消臭対策がされています。

アッパー:高級牛革
ソール :快適で安全な、SX3層底Fソール(SX高機能樹脂+2層SXラバー)
質 量 :945g (26.0cm/両足)
カラー :全2色(黒/赤、黒/ブルー)
規 格 :JIS規格
サイト :SL22-R黒/赤SL22-BL黒/ブルー

 

【TEXCY WX WX-0010 テクシーワークス 安全靴】

センターファスナーで着脱しやすく、サイドゴアで動きやすいプロテクティブスニーカーです。
軽量で耐油機能つき、かかと部分には反射材が採用されています。
さりげないカモフラ柄でおしゃれに履けます。

アッパー:合成皮革
ソール :グリップ性、屈曲性に配慮した耐油生ラバーソール
質 量 :約420g (26.0cm)
カラー :ブラック
規 格 :JSAA規格A種
サイト :TEXCY WX(テクシーワークス) WX-0010

 

長編上げタイプ

【シモン 533C01 安全靴】

紐でしっかりと足を固定できる上に、外側にファスナーがついているので着脱もスムーズな安全靴です。
耐油・耐熱なので、あらゆる現場で着用できます。
23.5〜28.0cmとサイズ展開も豊富です。

アッパー:牛革
ソール :耐油・耐熱性合成ゴム1層底
質 量 :1,330g (26.0cm/両足)
カラー :
規 格 :JIS規格
サイト :533C01

 

【ミズノ F1GA2102 オールマイティ BS29H】

3ヶ所のマジックテープが着脱のしやすさ・足の固定と両方を叶えてくれるプロテクティブスニーカーです。
軽量で履き心地がよく、ズボンの裾が出にくいよう滑り止め加工されています。
内側・外側・かかとの3か所にある反射材で、夜間の作業にも対応できます。

アッパー:人工皮革
ソール :耐油性ラバーソール
質 量 :約420g (26.0cm片方)
カラー :ブラック
規 格 :JSAA規格A種
サイト :オールマイティBS29H(ワーキング)[ユニセックス]

 

半長靴タイプ

【シモン ECO44 安全靴】

軽量で静電気帯電防止機能つきの安全靴です。
履き心地のよさだけでなく、あらゆる面で環境を考えて作られた、地球にやさしい一足です。
23.5〜 28.0cmとサイズ展開も豊富です。

アッパー:牛クロムフリーレザー
ソール :滑りにくくてクッション性のある発泡ポリウレタン2層底
質 量 :995g (26.0cm/両足)
カラー :
規 格 :JIS規格
サイト :ECO44黒

 

【シモン FD44NS 安全靴】

滑りにくく、耐油・耐熱性の高い安全靴。
履き口のクッションにもこだわっており、着脱の際も足に負担をかけません。
寒冷地仕様で、安定感のある一足です。

アッパー:牛革
ソール :耐油・耐熱性合成ゴム1層底
質 量 :1230g (26.0cm/両足)
カラー :
規 格 :JIS規格
サイト :FD44NS

 

いい仕事をするためには、自分に適した安全靴が必要!

 
安全靴は身を守る大事な相棒ですが、破れたり機能の低下を感じたりしたら、それは買い替えのサインです。
いつでもベストな状態で作業できるように、状態チェックも欠かさず行うことが大切です。

正しく安全靴を選んで、安全・快適に仕事をし、存分に力を発揮しましょう!

 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部