BUILD

職人のためのライフスタイルメディア

2021/10/05更新

実は理にかなっている!? 「3時のおやつ」の理由とは

健康

誰もが知っている「3時のおやつ」という言葉。おやつの時間と言えば3時なのはなぜでしょうか?

3時のおやつが広まった経緯は諸説ありますが、実は理にかなっている部分もあるんです。

3時のおやつの由来やその理由、体を動かすことの多い現場監督・職人さんにおすすめなおやつを紹介します!
 

おやつの時間はなぜ3時?

3時のおやつの由来は、江戸時代に遡ります。
現代では1日3食が一般的ですが、当時は朝と夜の2食が基本でした。

江戸時代の人々は、1日働く体力を補うために午後2〜4時ごろに休憩を取っており、その時間に食べる軽食をおやつと呼ぶようになったのです。

おやつは漢字で書くと「御八つ」。
江戸時代では午後2〜4時を「八刻(やつどき)」と呼び、この「八つ」に丁寧語の「御」がついて「御八つ」に変化したと言われています。

 

「3時のおやつ」は理にかなっていた!

夕食の食べ過ぎを防ぐ

おやつや間食はなるべく食べないほうがいいと考える人も多いかと思いますが、上手に取り入れることで健康やダイエットのためにもプラスに働きます。

昼食を取ってから夕食まで時間が長く空くことで、夕食を食べる前には強い空腹感を感じることがあります。

強い空腹状態になると、夕食を食べ過ぎてしまうことも。間食を取ることで強い空腹感を防ぎ、夕食の食べ過ぎを防ぐことができます。
 

太りにくい時間帯は2時から3時

もう一つ、3時はおやつを食べても脂肪として蓄積されにくいというメリットがあります。

脂肪の蓄積に大きく関係するのが「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質です。
BMAL1は時間帯によって量が変動するタンパク質で、脂肪の合成を促し、脂肪細胞の分化を促進して新たな脂肪細胞を作り出す働きがあります。

このBMAL1は、夜にエネルギーを蓄えて休息するために増え、昼間はエネルギーを消費して活動するために量が減ります。

BMAL1が少ない時間帯が午後2時から3時であるため、3時はおやつを食べても脂肪として蓄積されにくい時間帯と言えるのです。
 

現場監督・職人におすすめおやつ

3時は太りにくい時間帯と言えますが、毎日食べる習慣がある人は太りにくいおやつを選ぶのも大切。
また、体を動かすことの多い現場監督や職人は、栄養も取れるおやつを選ぶことがおすすめです。
 

プロテイン食品

今やどこでも手軽に買えるようになった高タンパクなプロテイン食品は、間食にぴったりです。

プロテインバーやヨーグルトなどデザートに近いものから、サラダチキンやスープなど軽食まで種類が豊富なので飽きずに食べられるのもいいですね。

効率的に摂取できる!おすすめプロテインバー「inバープロテイン」

【高たんぱく質食品】クノールたんぱく質が摂れるスープを食べてみた
 

あたりめ

あたりめは、噛みごたえがあり、咀嚼回数が増えるので満足感のある低カロリーなおやつです。

甘いものが苦手な人でも食べやすく、少量で満腹感が出て、夕食の食べ過ぎを防ぎます。
固いあたりめは消化しにくいため、よく噛み、水分も一緒に取るようにしましょう。
 

焼き芋・干し芋

冬場になるとスーパーやコンビニなどでも販売される焼き芋は、食物繊維など栄養たっぷりですが、しっかり甘みもあるおやつです。

より手軽に買える干し芋もおすすめですよ。

 

適度なエネルギーチャージで1日元気に過ごそう

江戸時代から続くおやつの時間。「3時のおやつ」は理にかなっていることが多くありました。

おやつはなるべく食べないほうがいいというイメージもありますが、上手に取り入れれば日中のパフォーマンスを上げ、食べ過ぎも防ぐことができます。

ご褒美として甘いものを食べるのももちろんいいことですが、毎日のおやつは「補食」として栄養やエネルギーを補う意識で選んでみましょう。

 
 

Pocket   はてブ   保存
BUILD編集部

この記事を書いた人

BUILD編集部